ブログネタ
Android に参加中!
TI's Android SGX SDK というものがあるようなので、使ってみた。
情報源は rowboat
eclair でのビルド手順も書いてあるので、詳細はこちら。
http://code.google.com/p/rowboat/

TI's Android SGX SDK を使うと、eclair 以降の動作もっさりな現象が改善される。
ライブ壁紙も Nexus One っぽく滑らかになる。
が、全てのライブ壁紙が動作するわけではなく、ネクサスなんかは真っ白になる。(水、星雲、草などは問題なく動作する。)


この TI's Android SGX SDK は eclair だけでなく、froyo でも使えることを確認した。
BeagleBoard に Android ( froyo ) をのせる その1
で使用したイメージに入れて使うことが出来た。

以下は beagleboard にのせた froyo でデモアプリを動かした様子。
動画にすれば滑らかな様子が分かるけど、写真のみ。
IMG_20100613_213911IMG_20100613_213954

これのおかげで BeagleBoard が息を吹き返した。
素晴らしい。