環境を更新。
http://code.google.com/p/android-development-environment/wiki/FroyoOnBeagleBoard
主な変更点。
kernel
こちらで公開されている仮想バッテリドライバの組み込み。
http://pylone.jp/blog/virtual_battery

解像度の変更に対応(※uImageの作り直しが必要)
前回までのものは、640×480 のみ。
今回のものは、 640×480、800×600、1024×768、1280×720 に対応。
kernel の menuconfig で選べる。
Device Drivers --->
Graphics support --->
<*> OMAP2/3 Display Subsystem support (EXPERIMENTAL) --->
OMAP2/3 Display Device Drivers --->
<*> Screen resolution (640 x 480) --->

(X) 640 x 480
( ) 800 x 600
( ) 1024 x 768
( ) 1280 x 720

Android
マウス操作中に Out of memory for surface! となり、HOME アプリが落ちる現象の修正。
某MLで安定しないと書かれている件かもしれない。


仮想バッテリドライバが動作している様子。
beagle-20100718-001beagle-20100718-002

デフォルトは充電状態(左)
コマンドで、状態を切り替え可能。例えば、充電OFF、電池残量50%にする。
# echo 50 > /sys/module/virtual_battery/parameters/battery_capacity
# echo discharging > /sys/module/virtual_battery/parameters/battery_status
結果は右側の画像。

解像度を 1280×720 にしたもの。
beagle-20100718-003beagle-20100718-004


おまけ。


開発者はこちら
http://sites.google.com/site/hyoromo/