ブログネタ
Android に参加中!
BeagleBoard-xMにFroyoをのせる。
使用するのは、
http://github.com/sola-dolphin1/OHA-Android-2.2_r1.1
の環境。
以下、手順のメモ。

ソースコードの取得
$ git clone git://github.com/sola-dolphin1/OHA-Android-2.2_r1.1.git

環境変数の設定
$ export ANDROID=/home/sola/android/OHA-Android-2.2_r1.1

kernel作成
$ cd $ANDROID
$ cd $ANDROID/kernel-beagleboard-xm
$ make ARCH=arm CROSS_COMPILE=../prebuilt/linux-x86/toolchain/arm-eabi-4.4.0/bin/arm-eabi- omap3_beagle_android_defconfig
$ make ARCH=arm CROSS_COMPILE=../prebuilt/linux-x86/toolchain/arm-eabi-4.4.0/bin/arm-eabi- uImage -j8

Androidのビルド
$ cd $ANDROID
$ source build/envsetup.sh
$ lunch beagleboard_xm-eng
$ time make -j8

イメージをまとめる
$ $ANDROID/device/sola/beagleboard_xm/beagleboard_xm-image.sh

TI's Android SGX SDK を組み込む
$ cd $ANDROID/out/target/product/beagleboard_xm/
$ git clone git://gitorious.org/rowboat/ti_android_sgx_sdk.git TI_Android_SGX_SDK
$ cd TI_Android_SGX_SDK
$ ./OMAP35x_Android_Graphics_SDK_setuplinux_3_01_00_03.bin

インストール先はどこでも良い。
ここでは、OMAP35x_Android_Graphics_SDK_setuplinux_3_01_00_03.bin を実行したディレクトリを指定する。
インストール完了後、Rules.make を編集。

編集例
HOME=$(ANDROID)
GRAPHICS_INSTALL_DIR=$(ANDROID)/out/target/product/beagleboard_xm/TI_Android_SGX_SDK
ANDROID_ROOT=$(ANDROID)/out/target/product/beagleboard_xm/image/android
CSTOOL_DIR=$(ANDROID)/prebuilt/linux-x86/toolchain/arm-eabi-4.4.0/
KERNEL_INSTALL_DIR=$(ANDROID)/kernel-beagleboard-xm

ビルドとインストール
$ cd $(ANDROID)/out/target/product/beagleboard_xm/TI_Android_SGX_SDK
$ make
$ make install OMAPES=5.x

実行後、
$(ANDROID)/out/target/product/beagleboard_xm/image/android
に必要なファイルがコピーされる。

まだのせてるだけで、動きはあまりよくない。
一応、LANが繋がるので、追加した ethernet support を使える。

カーネルは今後 0xlab ベースに切り替える予定。