ブログネタ
Android に参加中!
Gingerbread のソースコードが公開されたので、
android-2.3.1_r1 をベースに環境を作成して BeagleBoard に与えてみた。
確認した環境は Armadillo-440/Armadillo-500FX と同様に github へ登録した。
sola-dolphin1/OHA-Android-2.3_r1.0
https://github.com/sola-dolphin1/OHA-Android-2.3_r1.0
BeagleBoard なので、
TARGET_ARCH_VARIANT := armv7-a-neon を指定してビルドするようにしている。

以下は手順のメモ。
ソースを取得する。
$ git clone git://github.com/sola-dolphin1/OHA-Android-2.3_r1.0.git
OHA-Android-2.3_r1.0 が作成されて、その下に環境一式がダウンロードされる。

OHA-Android-2.3_r1.0 までのパスを環境変数 ANDROID に登録する。
$ export ANDROID=/home/sola/android/OHA-Android-2.3_r1.0

ビルドするターゲットを選択する。
$ cd $ANDROID
$ source build/envsetup.sh
$ lunch beagleboard-eng

失敗してなければ、イカが出力される。
============================================
PLATFORM_VERSION_CODENAME=REL
PLATFORM_VERSION=2.3.1
TARGET_PRODUCT=beagleboard
TARGET_BUILD_VARIANT=eng
TARGET_SIMULATOR=false
TARGET_BUILD_TYPE=release
TARGET_BUILD_APPS=
TARGET_ARCH=arm
HOST_ARCH=x86
HOST_OS=linux
HOST_BUILD_TYPE=release
BUILD_ID=GRH78
============================================

kernel のビルド
$ cd $ANDROID/kernel/beagleboard/
$ make ARCH=arm CROSS_COMPILE=$ANDROID/prebuilt/linux-x86/toolchain/arm-eabi-4.4.3/bin/arm-eabi- sola_omap3_beagle_android_defconfig
$ make ARCH=arm CROSS_COMPILE=$ANDROID/prebuilt/linux-x86/toolchain/arm-eabi-4.4.3/bin/arm-eabi- make uImage -j8

Android のビルド
$ cd $ANDROID
$ make -j8

BeagleBoard にのせるイメージの作成
$ cd $ANDROID
$ $ANDROID/device/sola/beagleboard/beagleboard-image.sh
$ANDROID/out/target/product/beagleboard/image/android に出力される。