ブログネタ
Android に参加中!
Embedded Master 4(以降は EM4)が起動しないと見かけたので試してみた。
結果を先に書くと、特に問題なく起動した。
一応手順を残しておく。
EM4 のソースコードをダウンロード
  • 作業用のフォルダを指定してソースコードを取得する(場所はホーム直下でなくて良い)
  • $ export ANDROID_ROOT=~/EM4
    $ cd ~/
    $ git clone git://github.com/sola-dolphin1/Embedded-Master-ARM.git EM4
    $ cd EM4
  • PandaBoard binaries for Android 4.0.4 のダウンロードと展開
  • $ wget https://dl.google.com/dl/android/aosp/imgtec-panda-imm76i-67545da7.tgz
    $ tar zxvf imgtec-panda-imm76i-67545da7.tgz
    $ ./extract-imgtec-panda.sh

kernel の作成
ビルド済みのカーネルは登録されてないので、ビルドする。
  • 環境変数の設定
  • $ export ARCH=arm
    $ export CROSS_COMPILE=$ANDROID_ROOT/prebuilt/linux-x86/toolchain/arm-eabi-4.4.3/bin/arm-eabi-
  • kernel のビルド
  • $ cd $ANDROID_ROOT/kernel/linaro/
    $ make panda_defconfig
    $ make
    $ cp -a arch/arm/boot/zImage $ANDROID_ROOT/device/oesf/pandaboard/kernel

Android のビルドから PandaBoard、PandaBoard ES の起動まで
  • Android のビルド
  • $ cd $ANDROID_ROOT
    $ source build/envsetup.sh
    $ lunch pandaboard-userdebug
    $ make
    ※make -j4、make -j8 等で並列化してビルド可能。
  • SD カードへイメージの書き込み
  • SD カードは 4GB 以上のものを使用する事。
    $ LANG=C sudo ./mksdcard_pandaboard.sh /dev/sdX $ANDROID_ROOT
    /dev/sdX は SD カードのデバイスファイルを指定する。
  • Android の起動
  • PandaBoard や PandaBoard ES に SD を差して電源を入れれば Android が起動する。
    映像出力は DVI の方から。(HDMIではない)
    今度、HM-TL10T のタッチパネルを使えるのをコミットしておく。

スクリーンショット
device-2012-10-10-083031device-2012-10-10-083152device-2012-10-10-083237device-2012-10-10-083333
ICS だし、個人で使うことは無いだろうと思う。