Ubuntu 13.04 64bit版で Android のビルド環境を作った時のメモ。
AOSP の master、android 4.2、4.1 のビルドと、
ビルドした Emulator の起動確認が出来た環境。
必要なソフトのインストール
$ sudo apt-get install git-core gnupg flex bison gperf build-essential zip curl zlib1g-dev libc6-dev lib32ncurses5-dev ia32-libs x11proto-core-dev libx11-dev lib32readline-gplv2-dev lib32z-dev libgl1-mesa-dev g++-multilib mingw32 tofrodos python-markdown libxml2-utils python-software-properties xsltproc libx11-dev:i386

libGL.so へのシンボリックリンク作成
Emulator 向けのビルド時にコケるので。
$ sudo ln -s libGL.so.1 /usr/lib/i386-linux-gnu/mesa/libGL.so
$ sudo ln -s mesa/libGL.so /usr/lib/i386-linux-gnu/libGL.so

JDK のインストール
oracle のサイトに行く。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk6downloads-1902814.html
jdk-6u45-linux-x64.bin をダウンロードする。
(Update 45 より新しいバージョンがあれば、それを使用して下さい。その場合、以降の 45 の部分を変更して下さい。)
ここではホームディレクトリ直下にダウンロード&展開するものとして扱う。
$ cd ~/
$ chmod a+x jdk-6u45-linux-x64.bin
$ ./jdk-6u45-linux-x64.bin

git/repo の設定
$ mkdir ~/bin
$ curl https://dl-ssl.google.com/dl/googlesource/git-repo/repo > ~/bin/repo
$ chmod a+x ~/bin/repo
$ git config --global user.email "android"
$ git config --global user.name "android"
※メールアドレスとユーザ名は何でも良い。

環境変数の設定
~/.bashrc に以下を追加する。
export JAVA_HOME=~/jdk1.6.0_45
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export ANDROID_JAVA_HOME=$JAVA_HOME
export PATH=$PATH:~/bin
追加後、読み直すか再起動する。
読み直す場合は以下のコマンドを実行する。
$ source ~/.bashrc

Android のビルド確認
master の場合
$ repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest
$ repo sync -j8
$ source build/envsetup.sh
$ lunch full-eng
$ make -j8
android-4.2.2_r1 の場合
$ repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest -b android-4.2.2_r1
$ repo sync -j8
$ source build/envsetup.sh
$ lunch full-eng
$ make -j8
android-4.1.1_r6 の場合
$ repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest -b android-4.1.1_r6
$ repo sync -j8
$ source build/envsetup.sh
$ lunch full-eng
$ make -j8