ConoHa に JCROM ( Android ) をビルドしてもらう【Ubuntu のインストール】
ConoHa に JCROM ( Android ) をビルドしてもらう【ビルド環境構築】 に続いて、
JCROM をビルドする例です。
※Nexus 5 向けにビルドする手順となります。
作業ディレクトリの準備
$ mkdir -p ~/jcrom_work
$ mkdir -p ~/jcrom_work/android
$ export JCROM_ROOT=~/jcrom_work
$ export ANDROID_ROOT=~/jcrom_work/android

ソースコードのダウンロード
$ cd $ANDROID_ROOT
$ repo init -u https://github.com/JCROM-Android/jcrom_manifest -m jcrom_kitkat-master.xml
$ repo sync
初回実行時は Enable color display in this user account (y/N)? と聞かれます。
y を入力して Enter すれば良いです。

ソースコードの無いバイナリファイルのダウンロード
$ cd $ANDROID_ROOT/device/lge/hammerhead
$ ./download-blobs.sh

Factory Image から必要なファイルを吸い出す
$ cd $ANDROID_ROOT/jcrom/lge/hammerhead/proprietary
$ ./extract-files.sh
完了まで気長に待ちます。

ccache の設定
設定しておくと、2回目以降のビルド時間を短縮出来ます。
$ export USE_CCACHE=1
$ $ANDROID_ROOT/prebuilts/misc/linux-x86/ccache/ccache -M 100G

kernel をビルドする
kernel を作り直したい時だけ実施して下さい。
$ cd $JCROM_ROOT
$ export ARCH=arm
$ export CROSS_COMPILE=$ANDROID_ROOT/prebuilts/gcc/linux-x86/arm/arm-eabi-4.7/bin/arm-eabi-
$ git clone https://android.googlesource.com/kernel/msm.git -b android-msm-hammerhead-3.4-kitkat-mr1 kernel/nexus5
$ cd kernel/nexus5
$ make hammerhead_defconfig
$ make -j8
$ bzip2 vmlinux
$ cp arch/arm/boot/zImage-dtb $ANDROID_ROOT/device/lge/hammerhead-kernel/zImage-dtb
$ cp vmlinux.bz2 $ANDROID_ROOT/device/lge/hammerhead-kernel/vmlinux.bz2

Android のビルド
$ cd $ANDROID_ROOT
$ source build/envsetup.sh
$ lunch aosp_hammerhead-user
$ make otapackage -j2
ConoHa のメモリ2Gプランで実行したところ、221m8.891s で完了。
ビルドに成功すると、
$ANDROID_ROOT/out/target/product/hammerhead/JCROM-x.x.x-yyyymmdd_hammerhead.zip
が作成される。(このはちゃんがビルドしてくれた JCROM です!)
x、y、m、d はビルドした時間や JCROM のバージョンで変化します。

このはちゃんがビルドしてくれた JCROM をダウンロードする
scp conoha_vps:~/jcrom_work/android/out/target/product/hammerhead/JCROM-x.x.x-yyyymmdd_hammerhead.zip ./
※conoha_vps は VPS の IP アドレスに置き換える事。

Nexus 5 以外のビルド手順は JCROM のサイトを参考にしてください。
https://sites.google.com/site/jcromproject/home/jcrom_build/kitkat-android4-4