AOSP に brillo-m8-dev と brillo-m8-release が出来ていて、Dragonboard が追加されていた。
https://android.googlesource.com/brillo/manifest/
ということで、試しに Dragonboard 向けに Brillo をビルドしてみた。
ソースコードの取得
$ repo init -u https://android.googlesource.com/brillo/manifest -b brillo-m8-dev
$ repo sync

プロプライエタリなファイルの取得と展開
$ wget https://developer.qualcomm.com/qfile/29541/dragonboard410c_brillo-v1.1.tar.gz
$ tar zxvf dragonboard410c_brillo-v1.1.tar.gz
$ mkdir -p vendor/bsp/qcom/device/dragonboard
$ cp -a dragonboard410c_brillo-v1.1/linux_410c_board_support_package_LA.BR.1.2.4_rb1.10 vendor/bsp/qcom/device/dragonboard/
$ cp -a dragonboard410c_brillo-v1.1/qcom_410c_non-hlos_binaries_A8016BAAAAGLYD2131.1 vendor/bsp/qcom/device/dragonboard/

Brillo のビルド
$ source build/envsetup.sh
$ lunch dragonboard-eng
$ make -j8

Dragonboard への書き込み
$ ./device/qcom/dragonboard/provision-device

ビルドは Android 6.0 をビルドできる環境であれば可能。
書き込みは fastboot を使用してるので、fastboot を使えるようにしておく。
Dragonboard をまだ入手してないので、正常に書き込みが出来て起動するかは不明。
※誰か試してみてください。